上手なスキンケアについて

上手なスキンケアを知りたくないですか?

例の目元の保水ってどうでしょう

目もとは肌がハンカチほどの薄さしかないため、少しの刺激で肌トラブル等が発生しやすい場所といえます。そのため、毎日の入念な目元ケアが重要な部分であり、それらの肌対策を継続する事で乾燥しわや茶クマ、眼元のたるみ等の状態を改善していくことが出来ます。

お手入をするときには、状態に見合った眼元ケアを続けていくことが重要です。保湿美容液もお肌の状態に見合った物が店頭で数多く販売されているので、悩みに沿ったものを選ぶことが肌の悩みの改善に有効だとされてます。

目の周りの乾燥が悩みの種といった時には、保湿成分を含んだセラミドもしくは乾燥対策に有効なヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲン等のモイスチュア成分が含まれているものを使うことがオススメとなります。コラーゲンは肌のバリア機能が高いため、室内外の温度差などが原因の乾燥に現れる目もとのちりめんじわに有効です。

くすみが悩みとなるときだと、美白効果であるvitaminC誘導体がお勧めです。ヴィタミンC誘導体はコラーゲン生成を活発化する働きがある成分なので、日に焼けた時や肌へのダメージが原因で体内で合成されたメラニン形成細胞によって起こるしみやしわに非常に効果があり、目もとのしわをキチンと解消したいという時にはレチニールエステルという成分が有効だと考えられています。肌への刺激が少なく安定した成分で美容液などに配合しているレチノールと呼ばれている物質はヴィタミンAのことを言います。皮膚にも必要な栄養素で傷んでしまった肌細胞を再生させてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を体の中で作りだします。

そこで使用される前に注意したいのが、vitaminC誘導体やRetinalというのは肌が敏感になっている方が使用された場合刺激があらわれる場合もあるようです。ですので、皮膚トラブルを避けるように使うためには一度二の腕などにそれらを塗りパッチテストをしてから使用されることがおススメとなります。また、眼もとのcareを行う時にはメイク落とし等にも気を配ることが肝心です。